離床センサー

対象者の動き検知し、離れた介護者に通報します。

 コール機器

事故や病気などによる上肢機能障害のために、自分で食事をすることができなくなった方が、残された機能を使って、自分で食事をすることができます。

 アラーム機器

センサーで検知し離れた場所にいる介護者へ音や光でお知らせします。